まずは相談しよう

人に言えないような悩み…特に多額の借金を背負ってしまった場合は、親しい友人や家族にすら話すことがためらわれることがあるでしょう。しかし、私達はそういったときでも確実に頼ることのできる相手がいます。それが、『弁護士』です。借金問題で困って、行き詰まったと思ったら必ず弁護士に相談するべきです。全て自分で背負い込みすぎずに、助けを求めることが大切です。相談料のことなど、気にしている場合ではありません。一刻も早く、行動することが大切です。

弁護士が手続きとして行ってくれるのが、『債務整理』という手段です。さて、この債務整理には主に3種類あり、『任意整理』、『個人再生』、『自己破産』です。

この中で最も効果的勝つ最終的な方法と言えるのが、『自己破産』ですが、借入金額が少額の場合、任意整理か個人再生を行うことが可能かもしれません。任意整理は請求先からの請求を止め、月々の返済額を大幅に減らせる可能性があります。個人再生は、借金の相対的な金額を大幅に減額できる可能性があります。自己破産は、資産を失うかもしれませんがその代わり借金を全くゼロにできます。借金問題で困ったら弁護士に相談して、解決方法を仰ぎ求めましょう。